【依頼したレジェールの交換リードが届いた!】

先日、郵送で依頼しておいたレジェールの交換リードが、無事届きました。

そして、試奏できたのでレポートです!

 

レジェールのリードは交換できる!

先日の記事にも書きましたが、レジェールのリードは1度に限り交換することができます。

【レジェールのリードを交換依頼してみた。】
http://www.ktc-web.com/archives/9203

 

交換依頼に送ってみたものの、梱包が甘かったかな?と送った後に心配していましたが、2〜3日であっという間に送り返してもらえました!

file

 

 

開封するとこんな感じ

file

 

僕が送った時と同じように陳列されているパッケージのまま送られてきたので、梱包はそんなに神経質にならなくてもいいのかもしれませんね。

file

ご丁寧にお手紙を添えて交換していただきました。4番のシグネチャー、希望通りです!

 

 

試奏してみた。

reed01

出典https://www.nonaka.com/vandoren/reeds.html

リードの比較をするにあたり、野中貿易さんのサイトよりリードの呼び名を調べさせてもらいました。楽器吹いてても正しい名称は知らないもんです(^^;)

 

バンドレンのトラディショナルを比較対照として説明すると、レジェールのリードは「ヴァンプ」「ハート」の部分が薄いです。その分、恐らくティップやサイドの部分が広く取られているのでしょう。その為、低音域を強めに吹こうとすると少々心許ない感じ。もちろん出ないわけではないんですが、パーカッシブルにタンギングする時にはケーンの方が信頼がおける。

ただその反面、中音〜高音域はばっちり音が出ます。場合によってはケーンよりも鳴らしやすい、いわゆる当たりリードの音が出ます。よくよく考えてみれば、リードのメーカーが違うわけですから、音域による鳴りの違いはブランドの違い、それぞれ人の好みであるとも解釈できるのではないでしょうか。

レジェール、結構良い音でちゃいますよ。

樹脂リードの強み

そもそも樹脂リードの強みは、状態がキープできるということ。これが一番のメリットです。

唯一気になるとすれば、タングを離した時に口の中で鳴る「パチっパチっ」という音くらい。これは外には聞こえないようですし、気にならない人は気にならないと思いますが、、、樹脂リード使っている人にはわかってもらえると思います。

フォレストーンという国内産のリードも販売されているようですし、これを機にこちらも試していきたいと思います。

 

ケン・トータル・コンサルティング

Trackbacks & Pings

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>